先日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から、
地球から約3億4千万KMの彼方にある、
小惑星リュウグウに日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が見事タッチダウンして、
岩石を採取して再び飛び上がったと発表した。
今後も最大2回同じことを繰り返して、岩石の採取を続けた後、
2020年12月頃地球に帰還する予定。

生命の起源を解明する可能性のある事業だけに、
とても夢が持てて楽しみです。

おりしも、2020年は東京夏季オリンピック・パラリンピックが開催されますが、
これには間に合わないが、その後に楽しめる事間違いない。